町田市で外壁塗装をするなら常進塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

サイディングの4つの種類の違いとメンテナンスの方法とは?

 

外壁塗装において重要なのは、実際に使われている建築材料に応じて塗料や塗装方法を選ぶことです。

それぞれの建築材料によって、より塗膜が乗りやすい塗料や塗り方といったものがあるからです。

塗り替えを考えているのであれば、まずはご自宅の外壁になにが使われているのかをチェックして、その上で塗装方法を塗装会社と共に検討することが大事なのです。

そこで、日本の一般住宅では最もよく使われている「サイディング」と呼ばれる外壁材についてチェックしてみましょう。

サイディングの種類や特徴について

サイディングというのは、すでに一定の寸法に製造されている外壁材のことで、新築工事にしても改装工事にしても、下地にサイディングを貼っていくだけで外壁ができるのが特徴です。

これに対して、モルタル壁などは、下地にモルタルを全面に塗っていくことになります。

サイディングを使うことによって、工事を効率よく行うことができて工事日数を短縮できますし、コストを下げることもできます。

さらに、サイディングはあらかじめ工場で立体感のある模様がデザインされていることが多いので、均一に美しい仕上げができるといったメリットもあります。

こうしたことから、日本の住宅では外壁材として最も使用されている外壁材となっています。

サイディングには主に4つの異なる種類があり、使われている材質によって分類されています。

まず、窯業系サイディングというもので、セメントや繊維質をミックスしたものを窯の中で熱処理をして固めるという方法で作られています。

この窯業系サイディングが一番使用頻度が高くて、コスパに優れていることや防火性や耐震性に優れているといったメリットがあります。

また、表面の柄などのバリエーションがかなり豊富でデザイン性にも優れているというのもうれしいところです。

2つ目の種類は金属系サイディングと呼ばれるもので、ステンレスやアルミニウム、ガルバリウム鋼板などの金属を使っています。

表面にはこうした金属が見えていますが、内側には断熱材を組み合わせていますので、快適な室内を実現できます。

金属製ゆえのシンプルでスマートなデザインになるのが特徴で、建物全体に配している家もあれば、アクセントとして一部分だけに使っているケースもあります。

軽量で地震に強いことや、メンテナンスが比較的しやすいといったメリットを持っています。

3つ目は樹脂サイディングで、特殊加工がなされた樹脂で作られています。

樹脂であるため錆が生じないことや、寒暖差にも強くて気候が厳しい日本の風土に合っているといった特徴を持っています。

もともと寒さの厳しいカナダなどで多用されているものが日本に入ってきた歴史もあり、対候性の強さとメンテナンスの必要性があまりないという点が人気を集めています。

4つ目は、木質サイディングというもので、その名の通り集成材や一枚板などの天然の木材に対候性や耐カビ効果のある塗料を塗っているものです。

やはり木材ならではの温かくナチュラルな見た目が特徴的で、建物全面に使用するというよりもデザインを重視して一部に使っているケースが多いです。

また、熱を吸収しやすいという特性がありますので、断熱性が高くて快適な室内を作ってくれます。

サイディングのメンテナンスは種類ごとに変える必要がある

このように、一口にサイディングと言っても、それぞれの種類で使われている建築材料が異なることが分かります。

そうなると、当然外壁の塗り替えの際にも、その種類に合わせて塗料や塗装方法を変える必要があります。

一般的な窯業系サイディングの場合は、まず下塗りといって下地となる塗膜を厚くすることができる塗料を塗ってから、色のついた塗料を2回ほど縫って仕上げとします。

塗料の種類としては、ウレタンやシリコン、フッ素など予算と耐久年数の違いによって、いくつもの選択肢がありますので、お客様とよく相談しながら決めていくことになります。

金属サイディングの場合は、錆ができている場合などは錆を落としてから下地処理をして錆止め効果のある塗料を下塗りします。

その後、色のついた仕上げ用の塗料を塗っていきますが、どれも金属材料専用の塗料となっています。

木質サイディングの場合は、その木目の感じを活かしたいのであれば、透明の塗料を使っていきます。

事前に表面にある古い塗膜をはがしたり、黒く変色したところを落としたりしてから塗ることも多いです。

塗料には防カビやシロアリ対策ができる材料が含まれていますので、しっかりとメンテナンスをすれば良い状態を保てます。

樹脂についてはあまりメンテナンスの必要はないのですが、状態を見つつ色をきれいに見せる仕上げ用の塗料を塗るなどの処置を取ります。

町田市で長年塗装工事を行っている常進塗装では、それぞれのサイディングの種類と劣化状況を確認して、適切な塗料を塗装方法を提案しています。

どのようなメンテナンスをしたら良いか悩んでいるのであれば、気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 町田市D様邸でトタン屋根塗装(クールタイトsi)

  2. 軒天のシミや剥がれは何が原因か?放置しておくと危険な理由

  3. 町田市O様邸で外壁塗装(アレスダイナミックトップ)

PAGE TOP