町田市で外壁塗装をするなら常進塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

外壁や屋根の塗装は3回塗りが基本!その理由と塗装回数が少ないときのリスク

お住まいの外壁や屋根の塗装回数について、疑問をお持ちではありませんか?

美しい仕上がりと耐久性を追求するためには、3回塗りがポイントとなります。

下塗り、中塗り、それに最終の上塗り、この3つの工程が組み合わさることで、理想的な塗装効果が実現します。

では、なぜこれほどまでに3回塗りが必要なのでしょうか。

下塗りは下地の準備のための塗装

下塗りは、塗装の最初の工程であり、おもに下地の準備のための塗装です。

下塗りの手順は、下地のクリーニングと下地処理を行った後、下塗り塗料を塗布します。

下塗りでは、外壁や屋根の表面にある凹凸やクラックを修正します。

これにより、平坦な下地を作り出し、塗料の密着性を向上させることが可能です。

下地処理には、パテやシーラントを使用して欠損部を補修することも含まれます。

また、下塗りは下地と塗料の間に強固な結合を形成するための重要な工程です。

下地に塗布される下塗り塗料は、下地の表面にしっかりと接着し、上塗り塗料が剥がれることを防ぎます。

それ以外にも、下塗りには金属部分を保護するための防錆・防腐成分が含まれています。

これにより、金属部位が錆びたり腐食したりするのを防いでくれるのです。

中塗りは耐久性に影響が出る

中塗りは、下塗りと上塗りの間に行われる工程です。

下塗りが完全に乾燥した後で、中塗り用の塗料で塗装してきます。

中塗りの具体的な役割は、塗膜の均一性を保つことです。

中塗りは、下塗りと上塗りの間で塗膜の均一性を確保するための工程です。

下塗りは凹凸を修正するために行われますが、完全に均一な塗膜を形成するにも中塗りが欠かせない工程となります。

また、中塗りには耐久性の高い塗料が使用されます。

これにより、雨風などの外部要素に対する建物の保護効果が向上するとともに、塗装の寿命が延びるのです。

最終仕上げとして重要な上塗り

上塗りは塗装の最終工程です。

中塗りが完全に乾燥した後、上塗り塗料を塗装してきます。

上塗りは、建物の外観や色調を決定する最終仕上げです。

上塗りによって、外壁や屋根の美観を維持し、建物の外観を美しく仕上げます。

さらに上塗りは最も外側に位置するため、外部要素からの保護効果を最大限に引き出します。

具体的には、防水や紫外線から建物を保護し、先に塗った塗装の耐久性を高めているのです。

4回塗り・5回塗りが必要なケースも

塗料の種類や屋根や外壁の状態によっては、3回よりも多くの塗装回数が必要な場合があります。

たとえば、 屋根や外壁が大きく劣化している場合、3回の塗装では十分な保護ができない場合があります。

特に浸食や剥離が進んだ場合や、大きなクラックや腐食がある場合は、追加の塗装回数が必要になることは多いです。

また、塗料の種類によっては、厚みや密度を確保するために追加の塗装回数が必要な場合があります。

特に、防水塗料や断熱塗料など、特定の目的に応じた塗料を使用する場合には塗装回数が増えることが多いです。

加えて、塗装によってもとの外観から大きく変更したい場合、追加の塗装が必要になることがあります。

特に濃い色や明るい色に変更したい場合など、4回以上の塗装が必要になることが多いです。

3回より塗装回数が少ない場合のリスク

一方、塗装の回数が3回よりも少ない場合、以下のようなリスクが考えられます。

まず、塗装の回数が少ないと、塗膜の厚みが不十分になる可能性があります。

塗膜の厚みは、外部からの保護効果や耐久性に直結する重要な要素です。

塗膜が薄いと、紫外線や風雨などの外部要素から建物を十分に保護することができず、塗装の効果が低下します。

さらに、下塗りや中塗りの回数が少ない場合、塗膜の均一性が損なわれる可能性があります。

下塗りは下地処理や塗料の密着性を高める役割を担っており、中塗りは塗膜の均一性を補正するために行われます。

これらの工程を適切に行わないと、塗膜の均一性が欠如し、美観や保護効果に影響が出る可能性があります。

そして、塗装の回数が少ないと、耐久性が低下するリスクもあります。

塗料の耐久性は、外部からの要素に対する建物の保護力や塗装の寿命に直結するからです。

適切な回数の塗装を行わないと、外部要素によるダメージが増え、塗膜の劣化や剥がれが起こりやすくなります。

最後に、上塗りの回数が少ない場合、色や仕上げが不均一になる可能性があります。

上塗りとは最終仕上げを意味するため、この工程が建物の美観に大きく影響を与えることは必至です。

したがって、適切な回数の上塗りを行わないと、色のムラや仕上げが不均一になりやすく、建物の外観を大きく損なう可能性さえあるのです。

塗装回数を守る業者に依頼を

適切な回数で塗装を行うことが、建物の保護や美観を確保するために非常に重要です。

上で説明したリスクを最小限に抑えるためにも、きちんと3回塗りしてくれる業者に依頼しましょう。

町田市での外壁・塗装ならぜひ常進塗装にお任せください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 町田市D様邸でトタン屋根塗装(クールタイトsi)

  2. 軒天のシミや剥がれは何が原因か?放置しておくと危険な理由

  3. 町田市O様邸で外壁塗装(アレスダイナミックトップ)

PAGE TOP